イメージ画像

喫煙者はヤニの黄ばみや汚れを歯を白くする歯磨き粉で毎日ケア

市販されているヤニ取り歯磨き粉はライオンのザクトが有名ですが、研磨剤が配合されています。

これを使用し続けると本来持っている歯の成分のエナメル質まで黄ばみのヤニと一緒に落としてしまいます。

結果的には表向きは白くなっているようには見えたとしても、ボロボロになってしまっているのです。

他にも市販されているヤニ取りのホワイトニング歯磨き粉には研磨剤がほとんど配合されています。

使用するのは個人の判断ですが、同時に歯医者さんでも定期的にケアをしていきましょう。

喫煙者専用のホワイトニング歯磨き粉でヤニ取りを

喫煙者は通常のホワイトニング歯磨き粉ではなくヤニ取り専用のタイプが販売されています。

芸能人のようなヘビースモーカーでなかったとしても確実にそちらの専用の商品を選択するようにしましょう。

家の壁紙が、たった数回の喫煙で黄色くなり、臭いを発するように歯も同様に本数は少なかったとしても汚れの一つの原因となります。

ヤニ取り専用の歯磨き粉は楽天でもamazonでもランキング上位になっています。

特に忙しくて中々歯医者に行く事が出来ていない愛煙者の方は、即効性はありませんが自宅で出来る歯を白くする歯磨き粉を通常のケアにプラスアルファしてこれから使用していきましょう。

愛煙者も自宅でヤニ取りができる歯磨き粉だけでは足りない?

会社だけでなく家やレストランなど外食時でも色々な場面で肩身が狭い思いをしている愛煙者に更にケアをしなければいけない注意点としてヤニが色素沈着して歯が汚く黄色くなってしまうことです。

これはいくらガムなどでケアをした所で、自宅でホワイトニング専用の歯磨き粉を購入した所で完全に除去をすることは不可能でしょう。

更にそれだけでは確実に足りませんので、喫煙者で歯の汚れが気になる方は一カ月に一回程度はデンタルクリニックでヤニ取りをしてもらいましょう。

特に何十年も煙草を吸い続けている愛煙家は歯だけでなく歯茎も変色してしまっています。

もちろん、それらは健康上良くないだけでなく歯槽膿漏や口臭の原因にもなりかねます。

歯のクリーニングとヤニ取りをしている喫煙者は少ない

残念ながら喫煙者の中で自宅で歯のホワイトニングだけでなくヤニや歯石取りやクリーニングを専用の歯磨き粉や道具を使用してやっている方はほとんどいないでしょう。

糸楊枝や歯間ブラシなどでケアをしているというケースも少なく、当然、そうなると愛煙者は歯が汚く黄ばんで口臭が多いという結果に繋がってしまうのです。

テレビ番組に出演する芸能人などでは、煙草の喫煙者の歯を白くする方法として市販の重曹や専用の歯磨き粉、マニキュアなども紹介されています。

過去に煙草を吸っていた方も様々なホワイトニングのやり方を各種試してみましょう。

ヤニでなくてもコーヒーや紅茶で歯が着色で黄ばむ

プラスチックでも陶器でもコーヒーカップやマグカップで毎日コーヒーや紅茶、もしくはお茶を飲んでいると白い器は黄色や茶色に変色してきます。

煙草のヤニと同様に飲み物や食べ物でも歯に色素沈着はあるので、特に毎日召し上がる方は注意をしてホワイトニングで芸能人のようにケアをしていかなくてはいけません。

喫煙者でないと比較的、油断をしてしまいがちですが、女性でも会社等で毎日コーヒーを飲んでいる場合は気にするようにしましょう。

更に、これが煙草とのダブルコンボだと、歯を黄色くするだけでなく嫌な口臭を放つことがあります。

コーヒーや紅茶のポリフェノールが歯に着色する

はっきり言って、両方を好む方は毎日のホワイトニングや歯磨きだけでなくブレスケアなどもした方が良いでしょう。

口コミではそれだけでなく定期的に歯医者さんに歯石とヤニ取りをしてもらうことをおすすめします。

市販されているホワイトニング系の商品を使用しても一般人の歯ブラシでは届かない部分もあります。

また歯の裏の部分にこびりついてしまっているヤニやコーヒーや紅茶の黄ばみはいくら時間を掛けて歯磨きをしても届かない部分にまで残ってしまっていることがほとんどなのです。

気が付いた時にケアをスタートしていけば、特に大好きな煙草もコーヒーも我慢する必要はないのです。

このページの先頭へ