イメージ画像

研磨剤なしでは歯を白くする事は難しい?

今ある研磨剤なしの歯を白くする歯磨き粉と言うのが最近ではかなり増えてきていますが、清掃剤という名称になっているだけで実は同じ成分が配合されていることがほとんどです。

歯の汚れのステインを落とすのに合成界面活性剤はどうしても効果的なのです。

合成界面活性剤このは歯の表面のエナメルを削り落としてしまいます。

それによって汚れや黄ばみは落ちているようには見えるのです。

研磨剤なしの歯を白くする歯磨き粉は存在しない?

ホワイトニングと言う意味では必要な成分になりますし、結局はお客さんが求めているものになります。

本来の歯磨きの目的は歯石や間に詰まった汚れなどを取るものなのですが、いつのまにか白くする事が良いというようなイメージになっているのです。

人間の歯が研磨剤なしの歯磨き粉だけで元の色よりも白くなることはあり得ません。

歯の健康や虫歯を考えると研磨剤なしの方が良いのですが、それだけでは物足りなくなってしまっているのが原状なのではないでしょうか。

研磨剤なしでも同じ成分が歯磨き粉に入っている

最近の歯を白くする歯磨き粉は研磨剤なしと謳っていても実は以下のような同じ成分を配合していることがあります。

パッケージの成分の表記を見て以下の成分が配合されていればそれは研磨剤が含有されていると考えて良いでしょう。

研磨剤なしでも清掃剤と表示されることも

  • 無水ケイ酸(シリカ)
  • 重質炭酸カルシウム(重曹)
  • リン酸水素カルシウム
  • 炭酸カルシウム
  • 水酸化アルミニウム

研磨剤なしの歯磨き粉じゃなければ子供の歯はボロボロになる?

研磨剤なしの歯磨き粉であれば歯を白くする事はできませんが、虫歯予防は丁寧に歯磨きをすることでできます。

特に子供の場合はホワイトニングを目的にせずに、濃度が950ppm以上のフッ素(フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム)を配合した歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

フッ素入りの歯磨きを使用する事で歯石や歯垢にいる虫歯菌が壊す歯の表面のエナメル質や象牙質を守ることができます。

虫歯予防は研磨剤なしの歯磨き粉で充分

そして一番重要なのは就学前の子供の場合は定期的に虫歯検診を行うことです。

またフッ素塗布なども有効とされていますが、これは賛否両論がまだあります。

いずれにしても子供の歯をボロボロにしないためには、本当は歯を白くする目的ではなく虫歯予防のための研磨剤なしの歯磨き粉を選択するようにしましょう。

このページの先頭へ